税務顧問サービス/梅川公認会計士事務所(東京都/千代田区/足立区)

税務顧問サービス
スマホからのご連絡はこちら→ 0120-987-956

税務顧問サービス

●そろそろ3期目を迎え、経営や財務、経理面について

トータルでアドバイスが欲しい。

 

●顧問税理士がくるのは年に1回。
ほとんどコミュニケーションはない。

 

●税金面含めて適切なアドバイスが欲しいが
親身になってくれない。

 

サービス精神旺盛な税理士と顧問契約したいが、
どうやって探せばよいか・・・。

 

●安さを強調している税理士事務所と契約しているが、
サービス内容がいまひとつだ。

 

●知り合いの紹介で契約したが、
特徴のないサービスの割りにちょっと高い気がする。                    

 

当初、価格勝負の記帳代行や顧問税理士に依頼したが
「ほとんど来ない」「相談に乗ってくれない」などの不満を持つ社長は少なくありません。
 
特に3期目を超えた企業は、会社も軌道に乗り始め、様々なアドバイスが必要な時期。
もっと売上を伸ばしていくこの時期にこそ、
本来の税務・経理サポートが必要だと考えています

 

 

売上を3億円、5億円と伸ばしていきたいが、どこに手を打てば良いかさっぱりわからない。
 
数字で経営を判断していきたいが、どうして良いかわからないので教えて欲しい
 
●決算するまで確実な数字(赤字・黒字)が見えない。もっとリアルタイムで把握したい。
 
創業期特有のトラブルや課題の解決法があるのなら教えて欲しい。
 
借り入れの是非や銀行との付き合い方など、もっと相談したい。
 
●効率の良い経理業務の構築をサポートして欲しい。
 
●突然の税務調査予告!不安なので立ち会って欲しい。
 
 
こんな悩み多き社長の力強い見方!



それが梅川公認会計士事務所のの「税務顧問サービス」です。

 

 

当社は「社長の想い」を実現するために、
会計・税務面から全力で支援を行う税理士事務所が母体。
 
所長(税理士)の梅川は銀行出身だけに、借り入れや銀行対策にも熟知しております。
 

さらに当社が強力に推進するのが月次決算。

記帳代行サービスも併用頂き、毎月の黒字・赤字を明らかにして、

経営をマネジメントしていくことが、早期の売上拡大に絶対不可欠だと確信しております。

ぜひご利用下さい

 

税務顧問サービス内容

税務顧問の基本サービス

 
(1)月次決算による分析とご説明

 

毎月の記帳により明らかになった「会社の財務状態(黒字・赤字)」をわかりやすく丁寧にご説明
数字の見方はもちろん、何が原因でこの状況が発生しているのか?
さらにどこに手を打つべきかなど、数字からわかる原因と対策をレクチャーしていきます。

 

(2)資金繰りご相談業務

 

社長と面談しながら、今後の売上予測を考え、効果的な資金繰り手法をご提案。
資金繰り表の作成方法もご指導します。
 
(3)銀行対策・借入れ

 

現状の財務内容や今後の投資計画を見ながら、最適な借入額を算出しご提案します。
借入れにもテクニックがあります。
そもそも借りるべきか?利息や返済期間は適正か?など多面的にご指導します。
 
(4)税務調査立会い

 

数年に一度訪れる、税務署の税務調査立会いを行ないます。
 
(5)節税対策・納税額の予測業務

 

決算3ヶ月前になると、そろそろ着地を考えて、
節税対策などの検討も始めていかなくてはなりません。
社長の売上予測に基づき、大まかな決算の数字を割り出し、節税対策を講じます。

 

(6)経理業務の合理化

 

売上3億円程度までなら、当社の経理・記帳代行などのアウトソーシングで十分ですが、
3億円超になると業種により自計化(自社で経理業務を行なうこと)を進めたほうが良い場合もあります。
その際のポイントは経理業務の合理化。無駄がなく効率の良い「3日で終わる経理」をご指導いたします。

 
税務顧問サービス
IT、アプリケーション開発、ゲーム関連、サービス、広告・クリエイティブ、
飲食、美容、サロン、小売業、運送、個人塾、不動産仲介、清掃・メンテナンス関連、
コンサルタント業、人材紹介、人材派遣、教育・研修関連、外資系企業など、
これまで100社近いお客様にご利用いただいております。

月次決算を行い、数字に強い経営者を育てる。
それが当事務所の願いであり、売上高5億円突破のスタートライン 

 

「今は黒字なのか?それとも赤字なのか?実は決算を締めるまでわからない」
「来月末、資金繰りがショートすることが(今)わかった」
「節税のため決算賞与を払おうと思ったが、銀行にはお金がなかった」
「税金を払うために借金をしなければならない」

 

会計上あると思っていたお金が銀行にない。
資金繰りの悪化が直前までわからない。
そもそも現在、黒字か赤字かがわからない。

 

成長期に突入した企業によく見られるシーンです。

 

なぜこんなことが起こるのでしょうか。
調べてみるとだいたい次の4つの問題によって

引き起こされていることがわかりました

 

(1)社長自身が数字に弱い。
(2)税理士事務所が機能していない
(3)経理に無駄が多く、仕事が非効率的
(4)経理が本来の機能を果たしていない

 

 

この状態で、売上を拡大し、5億円の壁を超えるのは「奇跡」というものです。
「どうすればお客様の問題を解決して差し上げられるのだろうか?」。

私はずっと考えました。

 

●忙しい社長でも、簡単に数字に強くなれる方法はないか?

 

タイムリーで正確な資金管理をしていただく方法はないか?

 

●1日も早く数字で経営判断をしていただく方法はないか?
 
そこで導かれた結論。それが月次決算です。
そう、これまで年1回だった決算を毎月していただきたいのです。
会社の利益をできるだけ早く、正確に知って欲しいのです。
 
当然、毎月リアルな数字を見ることになります。ドキドキするはずです。
数字に強くなりたい!まず社長が変わります。次に会社が変わるのです。

 

 

だから月次決算を行っている企業は黒字率がダントツで違う」。
 
これは税理士業界では当たり前の事実です。
 
最初はだまされた、と思って、私たちと一緒に月次決算を数ヶ月続けてください。

 

すると・・・

 

●先々まで資金繰りの状態が見えてくる。
 
●いち早い軌道修正ができるようになる。

 

●数字に強くなって「経営の意思決定」の醍醐味が分かる。

 

●成長のために「本当に必要な利益」が分かる。

 

●どんな戦略を立てればよいのか見えてくる。
 
 
これまでわからなかった点も、社長ご自身で判断できるようになります。

 

●この投資にいくらまで投入しても支障はないか? 

 

●社員1人を採用したら、どれだけ売上げを確保しなければマズイのか? 

 

●適正な従業員の給与や賞与の額はいくらなのか? 

 

●適正な借入額は?借入れのタイミングは?

 

●収益性の高い事業や店舗は? 撤退すべき事業は?

 

●会社にとって良い顧客は?取引を中止すべき顧客は?
 
●同業他他者と比較すると、自分の会社はどのレベルか?

 

●現状の在庫や製造コストは適正範囲か?  

 

 

ぜひ社長と一緒に貴社を大きくしていきたい。

当社の税務顧問サービスをご利用いただければ

こんなに嬉しいことはありません

 

 

税務顧問サービス

Q&A(よくある質問)

Q&A(よくある質問) 

お問合せ

経理・記帳代行サポートお問合せ1
スマホからのご連絡はこちら→ 0120-987-956経理・記帳代行サポートお問合せ2


HOME 事務所案内 経理・記帳代行 決算申告 会社設立 税務顧問 お客様の声 お問合せ